夫婦 お金

財布のひもは夫が握るか妻が握るか

みなさんの家庭では、どんな方法で家計の管理していますか?

いろいろな方法がありますが、大きく分けて財布のひもは「夫が握る派」と「妻が握る派」に分かれるかもしれません。
では、それぞれどんなメリット・デメリットがあるでしょうか。

夫婦

今から結婚を考えている人、家計の制度について考慮中の人はこの記事を参考にしてみてくださいね。

「夫が握る派」
夫が握る派の家庭では、固定費などの管理や貯蓄は夫が管理し、食費などの必要な金額または決まった金額を月の初めなどに夫が妻に渡す方法を取っていることが多いようです。 ただ、夫の仕事が収入に変動のある仕事の場合、夫のお小遣いがいくらになっているのか把握が難しいので、信頼関係が大切になってきそうですね。

「妻が握る派」
逆に妻が財布のひもを握る派の過程では、妻が基本的な管理をすべて行い、旦那さんにお小遣いを渡す制度の家庭が多いようですね。
旦那さんのお小遣いをいくらにするか、また旦那さんがどこまでお小遣いで賄うかに関してはそれぞれ意見があるようなので、夫婦で良く相談して決めていく必要がありそうです。

我が家でも妻の私が財布のひもを握っています。でも旦那には内緒で生活費の足しに銀行から融資してもらうことはよくあります。この前は旅行中に即日融資してもらえて助かりました!

世の中の主婦は旦那に内緒で借り入れしている人多いと思いますよ。 上手に家計を管理していくには夫婦の協力が不可欠です。
財布のひもを夫が握るにせよ妻が握るにせよ、自分たちにとって一番適した形で家計の管理ができるように、それぞれのメリット・デメリット、またそれぞれの希望や生活スタイルなどを良く考えてどちらが財布のひもを握るのか決めていけるといいですね。
財布のひもを握れなかった夫ないし妻は日常生活で生活費が足りなくなりお金借りる即日にという切実な思いになりキャッシングに走る傾向が高いようです。

↑ PAGE TOP